東京競馬場・芝コース【距離別分析】

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

内の先行馬有利も能力勝負のマイル戦

距離についてですが、施行数や注目度が高いレースが行われる舞台といえば、マイル、2000m、そし2400m。まず1600mですが、向正面の2コーナー寄りがスタート地点で、最初のコーナーまでの距離が500m超。となると、向正面はジックリ乗る、平均ラップとなるのが普通で、その後は勝負どころを経て長い直線での追い比べとなります。


馬の能力が最大限生かされる、あるいは
試される距離といえます。特筆すべき枠順による有利不利はありませんが、内側の馬場が極度に荒れていないかぎり、コーナーの形状からも、内枠に入った力のある先行馬有利といわざるを得ません。

2000 mも2400 mも内々の先行馬

2000mは、改修により発馬後の直線距離が延長されました。旧コースはBとCしか設定できなかったのが、今やAコースもOKに。旧Bと現Aコースを比較すると、専用ポケットのスタート地点から最初のコーナーまでの距離は23 m延伸。加えて、最初のコーナーへの進入角度が滑らかになったことで、枠順を問わず出脚はスムーズになったといえます。が、その最初のコーナーがバンク状になっている点は見逃せません。


事実上、幅員が狭まっているのですから、位置取りが難しい。ここでうまくインを取
れるか、最短距離を行けるかが最初のポイントです。なお、進入距離が長くなったとはいえ、126 m程度(現Aコース)では、ペースに関係なくこれが重要です。位置取りが決まると、約450mのバックストレッチとなるのだから、勝負は後半戦に持ち込まれます。この際、3~4コーナーで後続に早め。後に動かれては、インを通れる利がある逃げ馬にも厳しいレースとなります。


結果的に内寄りの枠に入っ
先行、好位差しタイプが活躍する例が多いのは、このあたりの展開、流れが大きく作用しているといっていいでしょう。また、スタート後と3-4コーナー直線で外に出す距離損などを考えれば最内枠の中団-後方待機馬には苦しい距離といえます。2400 mは、改修前は完全な坂下スタートで、いわゆるタフなコース形態でしたが、今は直線の坂をまさに上り始める付近からスタート。


そして、改修により滑らかな形状となった1~2コーナー、向
正面、そしてまた滑らかな3~4コーナーを通って直線に戻ってきます。以前は3~4コーナー中間にあった偽直線部分で、逆手前で走ってしまう馬もいましたが、今や東京の芝コース自体、新人でも乗りやすい馬場。この距離も先行·内々有利が基本で、あとは直線の能力勝負です。4コーナーで内が開かないのだから、外々を回るしかない外枠の差し·追い込み馬には厳しいコースです。


続いては1400 m。3コーナーまでの距離はAコースで340 m強。乗り役としては、
その後の滑らかなカーブを考えても内枠がほしい距離です。また、これはマイル戦でもいえますが、冬期の向正面スタートの外枠は嫌なものです。というのも、向正面の大外側は木の影になっていて凍結していることが多く、馬の踏ん張りがきかないからです。


また、2500mを越える長距離戦は、直線の坂を2度越
えねばならず、基本的に逃げ切りは厳しい。好位、中団の内々を追走できた先行,差しタイプが活躍する舞台といえるでしょう。1800 mはメンバー次第で流れがガラッと変わります。発馬後にごちゃっく内よりはやや中寄り、外めの枠の馬のほうが位置取り争いを考えた際には有利といえます。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799