菊花賞(GI)追い切り調教コメント part6

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

アルアイン

池江師は「動きは良かったですね。この中間もきっちり調教をこなしてきました。これで納得のいく状態に仕上がりましたね」と笑顔。「自分から動いていた。これで完璧になった」とルメール

キセキ

「いい意味でこの前と変わらない。馬場は重かったが、問題なく走っていた。道悪も大丈夫だと思う」M・デムーロ騎手は「追い切りでもいつも一生懸命だね。前回と変わらないいい動き」と状態キープを強調。距離や道悪については「前走の最後の伸びなら3000メートルも問題ない。きょうの少し重い馬場でもいい走りだったし、道悪も悪くないよ」と前向きだった

ミッキースワロー

「デビューの時から追い切りは前半は行かせず、最後だけ伸ばすようにしてきた。肉体面で走りがスムーズになり、気性面でも最後に伸びることを馬が理解してきている」。

ウインガナドル

上原師は「先週、津村騎手に乗ってもらい、強めの実質的な最終追い。今日は輸送も考慮して、単走で気分良く走らせた。良かったですね」とニッコリ。ひと夏越してしっかりとレースに集中できるようになった。こういう(長丁場の)舞台で活躍する血統だし、距離ももつと思う」と力を込める

ダンビュライト

「そこそこ力はあるからレースの流れに乗った時に可能性はあるんじゃないかな」とワンチャンスあれば…の空気。武豊は「距離は決して歓迎ではないから、できれば雨が降ってほしい。道悪がいい方に出てくれないかな」と重馬場を希望

サトノアーサー

池江師は「前走(神戸新聞杯3着)を使って動きは良くなっている。前走のプラス14キロは成長分だと思う。あとは距離延長が課題になるんじゃないか」と話した。

ポポカテペトル

友道師は「雨が降ってドボドボの馬場なら。天気を味方にしたい」と道悪を希望

トリコロールブルー

戸崎騎手は「落ち着いていて、追っての反応も良かった。青葉賞(7着)の時はテンションが高かったので、勝った時(4走前)ぐらい落ち着いてくれれば」と精神面を鍵に挙げた。

プラチナヴォイス

鮫島師は「この馬は癖があるから1回乗ってもらいたかった。セントライト記念(5着)を使って良くなっているよ。うまく折り合って運べたら」と前進を願っていた。

ベストアプローチ

「下が悪かったけど、前走より動きは素軽くなった」とジョッキー。6着と伸びなかった神戸新聞杯は負けすぎな感もあるが、「距離が延びるのはむしろいい。折り合えるし、バテないから」と巻き返しへ力を込めた。

菊花賞の脚質傾向

 



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799