ハンデ戦の馬券の狙い方、絞り方

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

ハンデ戦の馬券戦術

競馬場で行われるレースの大半は、馬齢重量戦か別定重量戦だ。部の別定戦を除けば、これらのレースではたいした斤量差がない。これがハンデ戦となると、様相はガラリ一変する。斤量こそが勝負の明暗をわけることになるのだ。出走馬の中にはを背負う馬もいるし、60kgを背負う馬だっている。

前走との斤量差から馬の苦しさをはかる

競走馬には背負い慣れた斤量というものがある。それは馬齢重量の範囲の55-57 ㎏ (牝馬は2㎏減)であり、この程度のハンデならまず馬にとって苦にならない。そして大半のハンデ戦では、トップクラスで57 ㎏、どんなに背負ってもせいぜい58 . 5㎏ までなのだ。重いということは実力がある証拠で、実力馬が慣れた斤量を背負う。


そう考えると、これはやはり
強いと見なくてはならない。キーワードは「慣れないことは、するもんじゃない」ということで、ハンデ戦では前走との斤量差に注目してほしい。ハンデ戦で本当のハンデといえるのはプラスマイナス2㎏まで。いいかえると、前走との比較で2㎏を超えて増減されている馬はまずねらえない、ということだ。

極端なハンデは実力の裏返し

ハンデ戦ではたまに、40㎏台や60㎏台のハンデがつくことがある。結論から先に書けば、40 ㎏台の馬はよほどのことがないかぎり消し60㎏台の馬は五分五分となる。サラブレッドは、斤量が58 ㎏を超えると、その後の1㎏がかなりこたえるといわれている。それからすると60 ㎏の馬はかなり苦しいのだが、裏返すとそれほどまでにほかの馬との実力差があることにもなる。


そこで、まずその馬が、過去に60
㎏台を背負って走った経験があるかを調べてみたい。2度目以降ならある程度まで認めなくてはならないだろう。この場合、出走するレースがその馬の最も得意な条件(芝かダートか、距離は、右回りか左回りかなど)を完全に満たしているかを検討する。それでも問題がなければ、あとは展開が向き、状態さえよければ”GOサイン”だ。

道悪のハンデ戦は軽量の先行馬をねらえ

軽かろう弱かろうのハンデ戦も、道悪になるとそのキャッチフレーズが通用しなくなる。というのも、雨によって騎手はビショ濡れ。勝負服や鞍がたっぷりと水を吸ってしまい、実際のレースでは、規定の重量よりも重い斤量を背負って走らざるをえなくなるからだ。つまり全馬一律で、規定のハンデのほかに1~2㎏よけいに背負うと見なくてはならない。


表向き
は52 ㎏だからダメ、57 ㎏だからOKといったような関係が、実質的には54 ㎏だからOK, 59 ㎏だからダメという関係にすり替わってしまうのだ。しかも、もともと道悪競馬では先行馬が有利。道悪のハンデ戦で50-53 ㎏あたりの軽ハンデの先行馬がいたら、多少のことには目をつぶって、ねらってみるのもおもしろいだろう。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799