競馬距離別、コース別の向き不向き

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

距離の壁は血の壁

人間の陸上競技でも100 mの選手がいて、マラソン選手がいるように、サラブレッドの世界にも馬に
よって距離の限界、すなわち”距離の壁”があるといわれている。そうなると馬の適性距離をつかむということが、大切になってくる。距離適性を分類すると、次の四つのタイプに分けられる。

▼スプリンター= 1 0 0 0~1400mの短距離戦で活躍する。


▼マイラー=1マイル (1600m)のレースを得意にしている。


▼中距離馬=1800~2400mのレースで活躍する。


▼ステイヤー2400mを超える長距離戦を得意にしている。


これらの距離適性は、ほぼ血統で決まるといっていい。距離の壁はすなわち”血の壁”ということにもなるのだ。とはいえ、スプリンターだから1800mはダメかといえば、馬によっては十分に克服も可能。マイラーでも2200mのレースを勝つこともある。しかし、スプリンターが2500mで活躍したり、ステイヤーが1400mで勝つことは、さすがにない。では、どうやって馬の距離適性をつかむか。馬柱には、おおまかな距離別の成績が抜き出してある。


例えば
、1400しているのに、それ以上の距離では2着が精一杯という馬ならスプリンターだと考えていいし、2000m以下では10戦中1勝しかあげていないのに、それ以上の距離では5勝もしている馬なら、かなりステイヤーに近いことになる。そのあたりをきっちり検討すると、そのレースの距離に合ったねらい馬を探すことができる。またこれを応用して、前走や前々走で適距離でないレースに出走している馬が、適距離のレースに出走してきたときには、たとえ惨敗後であっても、少しねらってみたい。

馬はコースを選ぶ

距離のほかにも、馬によって向き不向きが分かれる要素がある。それはどの競馬場のどのコースでレースをするか、ということだ。まずきっちりと分かれるのが、芝コースの得意な馬とダートコースの得意な馬。出馬表の芝とダートの成績を参考にして判断できる。それともう一つ目を配りたいのが、競馬場別の成績だ。


直線の長
い競馬場(東京、新潟、京都)では差し、追い込み馬が有利になるし、短い競馬場(その他)では逃げ、先行馬が有利になる。これが基本。それに直線の坂の有無や、右回りか左回りかという回りの問題、そしてレース当日に輸送があるかないかということが絡んできて、競馬場と馬の間にどうしても相性ができてくる。そこで、次の3点を頭に入れておいくといい。

▼後ろ脚のパワーが足りないために、坂を苦にする馬がいる。


▼馬によっては右利き、左利きというのがはっきりと成績に表れる。


▼気性の激しい馬の中には、レース当日に輸送されると力が出せないというタイプがいる。

たとえば、中山や東京では実績がないのに、函館や新潟では好走する馬がいたら、坂か輸送に問題があると考えられるし、中京と東京でしか良績のない馬は、右回りが苦手だと考えてもいいだろう。このように、コース別の成績から馬のクセをつかむだけでも、馬券の的中率は上がるものです。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799