競走馬の脚質と競馬レース展開

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

競走馬にはそれぞれの得意戦法があります。これを脚質といい、大きく5つの型に分けられる。

ペースを作る逃げ馬

スタートから先頭を切ってレースを引っ張る馬で気が小さくて他馬を怖がるか気性が激しすぎて押さえがきかない馬に多い。自分のペースで気持ちよく走った場合には好走するが他の馬に競りかけられたりするとオーバーペースになってゴール前でバテバテになってしまうこともある。

安定した力の先行馬

2.3番手から4.5番手につけ、逃げ馬がバテたころを見計らって先頭に出てくる。逃げ馬ほどペースに左右されない強みがあって、現在の競馬では一番安定性が高い。

差し馬は末脚勝負

先行馬の後ろあたりで、道中はなるべく無理をせず、前にいる馬のスピードが鈍ってくるレースの後半でパワーを全開させる。中には、3コーナーから4コーナーにかけて一気に先頭に並びかける「まくり」戦法を得意とする馬もいる。また、直線での伸び脚のことは「末脚」といい、これが速ければ速いほど、末脚が切れるという。

追い込み馬は派手好き

レース前半は後方でジッと我慢し、直線だけで一気に全馬を抜き去ってしまう。逃げ馬と似て他馬を怖がるとか、気性が激しいけれど押さえがきくという馬に多い。勝つときには一番派手で見映えがするが、前の馬がバテてくれないと勝負にならないという他力本願の面もあり、当てにはしづらい。

自在馬はレースを読む

これまでの四つの脚質にこだわらず、ペースに合わせて逃げることもあれば先行することもある。そして差す競馬もできるという臨機応変な馬。派手な個性はないものの、成績は最も安定している。

脚質を馬柱で確認

出馬表には必ずその馬の脚質が表示されている。しかしそれをうのみにせず、実際の馬柱で確認しておこう。それには過去の成績の欄に必ず載っている各レースでの通過順を参 考にしたい。馬柱をよく見ると、レースごとに○か□で囲んだ数字が三つ並んでいる。これが通過順だ。最初が向こう正面、次が3コーナー、そして最後が4コーナーでのその馬の位置を表している。


これが逃げ馬なら①①①となる
のだし、先行馬なら③②②というふうになる。これらによって、そのレースの流れを読むこともできる。①①①の馬、つまり逃げ馬が多ければ、ハイペースが予想され、逆に逃げ馬が1頭しかいないと、スローペースになることが多い。そして往々にしてレース結果は、ペースに左右されやすいということを頭に入れておこう。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799