投資競馬・パドックの見方(蹄(ひづめ)の形と道悪の上手下手)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■重上手な蹄の形

道悪馬場でのレースになれば、重馬場成績を考慮して勝ち馬探しをすることになる。また、蹄の形によっても重馬場の上手下手があるので、試しにパドックで確認してみるのもいい。一般的
に、小さめで幅が狭く、お椀を伏せたような形をした蹄の馬は重上手。ぬかるんだ馬場でも比較的すべらずに走ることができる。逆に、大きくて幅が広く平たい蹄は、すべりやすく重下手だ。

■蹄の底

また、蹄の底は一般的に深くえぐれているのがいいのだが、重馬場への対応もやはり深くえぐれた蹄の方が有利だ。その他、跳びの大きな走り方より、跳びの小さいピッチ走法の方がすべりにくい分、道悪上手。

投資競馬・パドックの見方(脚の矯正具について)

■バンデージとブーツ

脚にブーツを巻いている場合は、レースの際には外すので、まったく問題ない。一方、バンデージは途中で外したりせず、巻いたままレースに出走する。この場合は脚元の用心とともに、何か欠陥がある場合も考えられるのであまり感心しない。とはいえ、バンデージを巻いて勝つ馬はいくらでもいるので、すぐに減点と見る必要はない。

■裂蹄バンド

裂蹄バンドをしている馬は、蹄に不安を抱えている。特に冬場は乾燥するので、蹄が割れやすく、予防のために裂蹄バンドをつけている場合もある。これもまた、すぐに減点の対象にはならないが、やはり望ましいものではない。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799