投資競馬(休み明けは調教時計に注意)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■中間時計の量

休養馬が出てくる場合、2カ月前ごろから軽い運動を始め、1カ月前には時計を出し始める。時計を出すのは1週間に1本。あるいは日曜日に出して、次の水曜日にも出すこともある。それで中間時計は軽め、強めを含めて3~4本は出ているはず。坂路の時計であれば、美浦なら36~37秒台の時計が4~ 5本は必要。


栗東なら52~55秒台の時計
が最低でも3本(中に51~52秒台があれば上々)、できれば4本、3~4カ月の休養ならこれで十分だ。ただし6カ月以上の長期休養の場合は、仕上げにも3カ月は必要。3カ月前から軽い運動を始め、2カ月前から軽い時計を3~4本出し、最後の1カ月で速い時計を3~4本出す。つまり、軽め3本、強め3本以上の中間時計があれば、量的には足りているということだ。

■調整の順調さ

逆に調教時計が多すぎるのも問題がある。仕上がりが悪いため、何度も調教を繰り返したことが推測できるからだ。また、調教時計の日付が、毎週定期的に出ていれば仕上がりは順調だが、中には途中で何週間か時計を出していない場合もある。その間は体調を崩して時計を出せなかったのだろう。当日の馬体重にも注目して調子を確認しよう。

■休み明けの最終調教

休み明けの最終調教は軽い方が安心。軽くすませられるのは仕上がっている証拠だからだ。併せ馬で厳しく追っているような場合には、太め残りが疑われる。もちろん、常にそういう調教をしている馬であればよいが、そうでなければ休み明けの強い調教には要注意。調教評価。

投資競馬(二走ボケの見抜き方)

■鉄砲後の調教量

鉄砲のきく馬の場合、仕上げ不足でも好走することがある。が、体が仕上がっていない状態でレースを使ってしまうと反動が激しく、その疲労が容易に回復しない。それで二走目ではとんでもない凡走をしてしまう。これが ボケになる理由だ。

■二走目の調教時計

だから二走ボケの危険性がある馬は、休み明けの調教に比べて二走目の調教が非常に軽い。疲労が回復し切れないので、強く追うことができないわけだ。こうした時計を見つけたら用心しよう。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799