投資競馬・調教時計(新馬の本馬場調教)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■5F61秒前後が評価の目安

デビュー戦を迎える新馬の場合レース経験がないので、レースを想定して本馬場で追い切ることが多い。ここで5F60秒を切れば能力の高さは疑いない。61~62秒ならまずまず評価できる。

■調教量の確認

原則的に調教はたくさんこなしている方がいい。それだけしっかりと体をつくってきたわけで、無理なく時計を出したと判断できる。

投資競馬・調教時計(Wコースの調教時計)

■栗東のウッド

栗東Dウッドは、美浦のウッドよりもと時計がかかる。これはコース形態に関係している。美浦の場合は南馬場Bコース全体にウッドチップが敷かれていて、ゆっくり運動をする馬はコースの外側を使い、時計を出す馬は内柵沿いを走ることになっている。一方、栗東のDコースは外側7~9分どころがウッドチップコースで、内側は芝になっている。そのため大回りをすることになり、美浦より時計がかかる。なお、栗東でもCコースは美浦と同様にコース全体がウッドになっているので、時計は遅くない。

■美浦のウッド

栗東Dウッドに比べると時計は速いが、最後の1 Fの時計がかかる。これは美浦の場合、ゴール前200メートルほどが上り坂になっているため。それで最後1Fの時計が余計にかかっている。

■重馬場のウッド

ウッドチップコースの場合は重馬場になってもクッション効果を保つ。そのため、稍重の場合はダートと同様に少し時計が速くなるが、重馬場になるとかえって時計がかかる傾向がある。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799