投資競馬・パドックの見方(騎乗後の注目点)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■騎乗後の変わり身

それまでのんびり歩いていた馬が、騎手が乗った途端、キリリと首を上げて気合を表に出す。こうした変わり身は非常に好ましい姿だ。引き運動をしているうちは「まだまだ」とムダなエネルギーを使わず、騎手が乗ってはじめてエンジンをかけ始める。レースを理解している証拠だろう。

■騎乗後に暴れる

馬が激しく首を上下して、騎手が鞍上でのめる姿をしばしば見かけるが、これは悪い状態ではない。首を上下するのは気合のあらわれなので、おおむね好材料と受け取っていい。いただけないのは、イヤイヤをするように左右に振って暴れる姿。あるいは蹴り上げたり、歩様を乱したり。こういう動きはイレ込んで冷静さを欠いているあらわれだ。さらに返し馬での折り合いに注目しよう。

投資競馬・パドックの見方(レース別の注目点)

■新馬戦·3歳戦

レース慣れしていない若駒の場合は、精神的な未熟さから能力を出し切れないことがよくある。パドックでも、オドオド、キョロキョロしている馬が多いはず。その中で、いい気配を見せる馬がいたら期待がもてる。また、イレ込みはレースを意識しているあらわれだし、おおむね短距離なので、レースの自覚が薄い馬よりは好走する場合が多々ある。

■短距離戦·長距離戦

短距離なら、最初から飛ばしても息が切れる前にゴールに届くので、多少のイレ込みは克服できる場合が多い。また、太めは持久力を損なうが、これも短距離であれば何とかがまんできる可能性がある。逆に長距離ではイレ込んでしまってはもたないし、太めも響く。

■ダート戦

良馬場のダートを走るには力がいるので、ダートに強い馬には胸前の張ったがっちりした体形が多い。これを太めと間違えないこと。また短い距離が多いし、パワー勝負になれば多少太めでも克服できる。

■障害戦

減点になる障害を上手に飛越することが決め手なので、といって、イレ込みは大きな気合不足が期待薄なのは他のレースと同様だ。

■アラブ戦

アラブはサラブレッド以上に気合を外に出すのが普通。極度のイレ込みは当然よくないが、気合のない様子はサラブレッド以上に減点だ。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799