投資競馬データ検討(多頭数の狙い方)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■枠順の有利不利

逃げるのか、追い込むのか、脚質によっては枠順の有利不利が響く。10頭立て以下のレースではあまり問題にならないが、多頭数の場合にはこの点も念頭におく必要がある。

■逃げ馬は内枠有利

逃げ馬の場合、一歩でも早く先頭に立つことが勝つための条件だ。内枠ならそのまま内ラチ沿いにコースをとり、最短距離で抜け出すことができる。逆に、外枠から出ると距離的にも損があるし、内側を走る馬を追い抜いて前へ出なければならないので、より鋭いスタートダッシュが必要だ。勢い、無理を承知でハイペースになり、結果的にゴール前でバテる恐れがある。まして、スタートの位置がコーナーに近い場合には、どの馬も内に入ってコーナーを有利に回りたいため、さらに位置取り争いが熾烈になる。

■追い込み馬は中枠から外側

内枠が不利と決めつける必要はないのだが、追い込み脚質の馬はスタートダッシュが弱いので、外側から内に入ってくる馬群をかぶってしまう恐れがある。すると内側に閉じこめられて動きにくいので、一度最後方まで下げて、再び外側から追い上げなければならない。それならむしろ外枠からスタートした方がムダがない。ただし多頭数の大外枠はさすがに距離的な損が大きいので、追い込み馬であっても避けたい。

■どんじり強襲は信用できない

多頭数のレースではゴール前で先行馬群に前をふさがれる恐れがある。すると鋭い末脚を使えず、実力を出し切れないまま負けることにもなりかねない。

■小さな馬·もまれ弱い馬は不利

出走頭数が多いと、馬群のひしめき合いも激しく、馬同士がぶつかり合うこともしばしば。そのため、小さな馬は道中でもまれているうちにスタミナを消耗してしまい、肝心の直線で伸びきれないこともある。また、もまれ弱い馬なら走る気をなくす可能性がある。

 



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799