競馬レースの知識(ハンデキャップの理論)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ

■ハンデ1キロの影響

負担重量を1キロ増やしたとき、競走能力にあたえる影響は、短距離なら約半馬身中距離なら約1馬身、長距離なら約2馬身の遅れとなってあらわれる。これがハンデキャップの基礎となる論理。だから、A馬とB馬が2000メートルを競って、A馬の方が1馬身先着したとすると、次にA馬の負担重量を1キロ増やして競走させれば、今度は2頭,が同着でゴールする という理屈になる。

■着差以外の要素も考慮

実際のレース結果は、理屈ほど単純には決まらない。着順を左右する要素は各馬の基本的な能力以外にも、使用したコース特徴や、馬場状態、レース展開、他馬の妨害や騎乗ミスの有無、あるいはその馬の距離適性や仕上がり状態など、いろいろ考えられる。ハンデキャッパーはこうした要素も考慮に入れながら各馬の能力を評価し、出走各馬が横一線でゴールするように想定して、それぞれの負担重量を決めている。

競馬データ検討(負担重量の影響)

■馬齢重量と別定重量

この場合、負担重量はあまり競走能力に影響を及ぼさない。特に馬齢重量や定量(別定重量の一種)の場合は、年齢と性別以外の差は設けないので、能力がそのまま反映される。ただし賞金別定の場合、
例えばGⅡに比べてGⅢは収得賞金額の基準が低いので、G1級の馬が出走しようとすると、賞金額が高い分、負担重量が重くなるので不利が大きい。

■ハンデ戦の狙い方

負担重量を考慮する目安の1つは、その重量を経験したことがあるかどうかだ。何ごとも初めての経験は馬にとって負担になる。例えば古馬の牡であれば、57キロまでの重量は普通に背負うから、あまり負担にならないはず。それ以上の重量を背負うなら検討が必要だ。もう1つは、相手との重量差の問題。2キロ程度の差ならそれほど影響を受けないが、5キロを超える差がつくと、やはり不利になる。

■実際の印象

観戦していて感じるのは、負担重量の増加が瞬発力を鈍らつこと。つまりスタートダッシュやゴール前の叩き合いに影響する。

 



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 競馬ブログ 投資競馬へ
 
P.S.

※投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799