シニアライフの金融マネジメント(不測事態対応策)

ブログランキングに参加していますので応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

不測の事態に対する備えを欠かせない最大の理由は、何か突発的なこと(病気、ケガ、火災、その他の事故など)が起きたときになってまとまった出費をする経済的余裕が小さいということです。
突発的なことが起こって一時の出費が必要になったとき、シニア以前のステージであれば借金も可能でしたが、シニアではたとえ担保があってもむずかしいでしょう。


なぜなら返済余力が限られるし、
また返済期間もそう長く設定できないからです。したがって不測の事態に対してはあらかじめその内容を想定して保険をかけておくことになります。その意味では、保険(生命保険、損害保険)とは、前記の資産の流動化と対比していえば、負債の(事前の流動化といえるのかもしれません。ところでシニアライフになると、あるいはシニアライフが近くなると、生命保険には入れないと思っている人が少なくありません。


しかし実際には60代、70代でもさまざまな種類の生命保険に加入す
ることができます。問題は、加入年齢が高くなると、加入期間の短さ、死亡率·罹病率の上昇、健康面の制約などから保険料が高くなることです。ただし最近は、健康面の制約のない種類もでてきています。では実際にシニアライフに入っても生命保険は必要なのでしょうか。


その前のステージまでは、いわゆる一家の大黒柱として、万
のことがあった場合に備えて家族の経済的基盤を確保するという目的がありました。シニアライフではそうしたニードはなくなったのでしょうか。いや、夫婦二人で豊かな老後を計画しているなら、どちらかに万一のことがあった場合の備えという意味はやはり存在します。


また、病気やケガへの経済的な備え、要介護状態になった場合の
経済的な備えという意味合いは、むしろ切実になってきています。このほか、自助努力という意味で老後の生活資金を早くから準備しておく年金保険も重要性が増してきています。いずれにせよ自分の保険の中身を一度総合的に確かめ、不十分のようなら少しでも年齢の若いうちに追加加入しておくことが望ましいといえます。



最後までご覧いただき誠にありがとうございます。

ブログランキングに参加していますので
このブログを「いいな」と感じていただけましたら、
下のボタンをポチッとクリックしていただくと
とても嬉しいです^^

あなたからの清き一票が、ブログを更新する原動力となりますので、
応援クリックどうぞよろしくお願いします!

 にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
 
P.S.

競馬が投資になる!ということで
投資競馬で着実に収入UPを目指したい方は、
競馬初心者から競馬上級者まで使える
無料で始める簡単・高機能な競馬ソフト
活用されることを強くオススメしておきますね。

この競馬ソフト、便利な機能満載でJRA(中央競馬)の競馬予想・投資競馬(競馬投資)に
かなり重宝しますよ!!詳細は今すぐ下記からどうぞ。



2017y03m02d_210750799